キャッチ宮尾の、心底惚れ込んだ音楽の話

 

 

拝啓、水上さま

 

お手紙ありがとうございました。出演者を丁寧にピックアップしていくと、さまざまな音楽へのこだわりや想いが分かって面白いです!当日、彼らのステージがどのようなものになるのか見所ですね。

 

私が今年のボロフェスタで外せないと思っているのは、ペトロールズですね。彼らの音楽に心底惚れ込んでいる私のちょっとしたエピソードや、心酔している音楽から感じていることをお話ししたいと思います。

 

私は「ペトロールズの廃番になったCD、うちにあるからこない? 」と誘われるのが夢でした(夢に終わりましたが)。そんな殿方と出会えなかった私は、自力で中古CDショップやネット情報を駆使して、いまではもう生産されていない彼らのCDをかき集めました。お目当てのCDに出会うためなら、足と目の疲れはなんのその。お目当のCDを手に入れたときの天にも昇るような気持ちは、他に代えられないほどの喜びに思えたものです。

 


ペトロールズ / "Renaissance" at 日比谷野外音楽堂 2015.10.10 - SLEEPERS FILM

 

こういったときに思うことが、今活動している人たちをタイムリーで追えることがどれだけ、幸福かつ大切にすべきことかということです。私はスピッツのライヴにもしばしば足を運ぶのですが、彼らの存在感は生きる伝説といった具合で、正直演奏の技術的な面はわからぬ身ですが、それでも生音で彼らの音をダイレクトに感じた時の高揚感というものは計り知れないと思います。あまりの素晴らしさと衝撃に、自らの語彙が打ち消され、ライブ終了直後には、「ぁあ、よかった…生きててよかった…いや、スピッツにここまで生かされてきてよかった…。」といった言葉しか浮かばない状態になるほどです。そんなスピッツのメンバーも今年で50歳、そしてバンドは、結成30周年なんです。自分の人生の半分以上をバンド活動に捧げていることになるとおもうと感慨深いですよね。

 


スピッツ / 1987→

 

中高時代からバンドを追いかけていると、解散、活動休止という場面に直面することも少なからずありました。そういった発表がされた直後は、「そうかー。やはり、音楽活動というのは簡単なことではないのだな…」と一歩身を引いた状態で考えてしまうのですが、数日、数ヶ月、と音楽を聞くにつれて、「ぁあ、この好きな音が更新されることはもうないのか…」と心にぽっかりと穴が開いてしまうんです。

 

「好きが更新されるのは当たり前のことじゃない」というのは、既存の考えであるにもかかわらず、いつまでもその代わりを埋めたりそのショックを阻止できないのは、皮肉にもその音楽が唯一無二であったことの証明であるのだなと思います。

 

水上さんは、ボロフェスタに欠かせないと感じているアーティストはどなたかいらっしゃいますか?こういったお話をしていると、当日への期待が膨らんできて楽しくなりますね。

 

心落ち着く好季節になりました、秋の夜長を有意義にお過ごしくださいませ。

 

キャッチ宮尾

 

 

borofesta.jp

 

一緒にボロフェスタを作ってくれるスタッフを募集中!!

borofesta.jp

 

 

 

 

2017/9/12 タックル水上

拝啓、宮尾さま

 

 気が付けば、夏のうだるような暑さからだんだんと過ごしやすい気候が増えてきましたね。

 

 自身のルーツを探るために、音楽というのに焦点を当てるというのは確かに的を得ているかもしれませんね。そして、裏を返せばどれだけ音楽が人間にとって重要なのかということですもんね。

 

 こんな体育会系で音楽に触れていなさそうな僕でも、実は、音楽になじみがなかったわけではありません。僕のルーツは、サザンオールスターズです。小学校の頃は、朝読書の時間に地球音楽ライブラリーのサザンの本を読み、巻末の曲の索引に、持ってる曲をチェックしていくという作業を永遠としていましたね。ちなみに30周年の日産スタジアムにも行きました。他にもいくつかありますが、詳しい話はまた今度にしましょう。

 

 ルーツを探る。自分のルーツだけではなくて、音楽のルーツなどを調べていくときに、あの頃は、なんかすごいこといっぱいしているなと感じることはないですか?

 放送や出版に関しては世間的にもそういわれていることが多いですよね。最近僕は、過激表現に関するトークイベントを見に行ったんです。そこでも話題に上がったのは、なぜ昔の映像はこんなに過激なものが多いのかということです。そこで言っていたのは「昔、こんな過激なことがなぜできていたかというと、昔はSNSとか携帯電話とかもないし、不快な思いをしていた人はいたとしても、それを見過ごせる人が多かった。今は、すぐに発信できる環境がありますからね。でもそれはいいことで、一番の敵は、これやったら怒られるかもしれないという"自主規制"なんです。だから、表現者として勝負する気持ちを忘れてはいけない。」という事でした。自主規制が積み重なって、結局自分で自分の首を絞める。21世紀で勝負する気持ちを忘れてはいけないんですね。そんなことをKanye WestのPOWERを聞きながら考えています。

youtu.be

 

 開催まで約1か月とちょっとのボロフェスタですが、ボロフェスタの出演者も表現者として戦っている人たちばかりです。

 

 MOROHAは昨年、ボロフェスタ主催陣との、「LIQUIDROOMを成功させたらオファーさせてください。」という約束を果たし、出演。そのステージは圧巻でした。でも、MOROHAの勝負はそこで終わるはずは当然なく、今も昨年以上にギター一本とMCで、音楽業界に勝負し続けるステージに期待が膨らみます。

youtu.be

 HIPHOPユニット、サイプレス上野とロベルト吉野は今年結成17年目にしてメジャー・デビュ―。メジャー1stミニアルバムのタイトルは『大海賊』。これまでと同様に横浜のドリームランドに実際に合ったアトラクションからつけていますが、17年間、変わらず現場で戦い続けた結果がこのメジャー・デビューなのかなと思います。

youtu.be

 最後に、京都から台風クラブですね。ちょっと脱力感のある音で、勝負というイメージからは遠いかもしれません。でも、すでに京都では嫌いな人がいないんじゃないかというくらいの人気ですし、東京でも話題に上がることが多いと聞きます。京都の磔磔で行われた、スカートと曽我部恵一とのスリーマンも人があふれかえっていました。レコードも、もうなかなか手に入らないくらいの人気。これだけ人気なのも、彼らのフリッパーズ・ギターシュガー・ベイブを彷彿とさせる日本語ポップス的な音や、ジャケットやTシャツを自分で刷っていることからもわかるように、彼らの好きなものを突き詰めて勝負している結果だと思います。

youtu.be

 

 こういう視点で、ボロフェスタを見るとより本祭が待ち遠しくなりますね。

 

 宮尾さんはどういう目線でボロフェスタを見ていますか?良かったら聞かせて下さい。

 

それではお返事お待ちしております。

 

タックル水上

 

borofesta.jp

 

一緒にボロフェスタを作ってくれるスタッフを募集中!!

borofesta.jp

キャッチ宮尾の最近思うこと

 

拝啓、水上さま

 

先日は素敵なお手紙ありがとうございました。ボロフェスタに向けての最高なスタートであったことがひしひしと伝わり、胸が熱くなりました。私も、その景色を見る時は、観客としてではなく、景色を作り出す側で立ち会いたいです。

 

ボロフェスタまであと、1ヶ月と少し、小休憩という意味で、私は今回いつもとは違った視点で音楽のお話をしてみようと思います。

 

私は大学4年次なので、今は、卒業論文のあれこれに毎日追われていています。私が卒論のテーマに選んだのが「思春期」です。「思春期」に影響を受けたことは、大人になってどんな影響を与えるのか。そんなことが気になって調べ始めたテーマなのですが、調べていくうちに、音楽というのはかなり大きな役割を担っているように思いました。

 

「思春期」という多感な時期に衝撃、影響を受けた音楽は、今後の音楽の好みを左右する要因になるのはもちろん、その人の性格、人生まで変えてしまうこともあります。

 

音楽は、自己表現の一種である分、聴く側に影響があってもおかしくはない話ですよね。そんな大きな影響を受けた人たちが、また音楽で様々なことを表現して。そうやって繰り返されているんだなと、アーティストのルーツを辿って感じることもしばしばです。

 

思春期前半を10歳から18歳、思春期後半を18歳から21歳とされるとして、この時期、水上さんはどんなことをしてどんな音楽を聴いていましたか?

 

私は、思春期前半は、両親の持っていたCDを片っ端から聴き始めたのが始まりで、Every Little ThingCHEMISTRY をラジカセから流して楽しんでいました。中高生のころはグッドモーニングアメリカや、アルカラ

 


グッドモーニングアメリカ「空ばかり見ていた」PV

 

思春期後半にはペトロールズをよく聴いていました。


DAX × lute:ペトロールズ「止まれ見よ」

 

幼い頃はキャッチーな楽曲を好んでいましたし、思春期後半は、歌詞に哲学的な一面を感じさせるものや、受けとって1度考えさせられるような曲を好んでいたように思います。その両方を経てからか、今はにウィットに富んだ歌詞と、キャッチーでありながらも、音楽初心者でもわかるほどの巧妙なテクニックを兼ね備えた、ヘルシンキやCHAIが大好きです。振り返ってみると、点と点ではなくつながりがあったんだなぁと思いました。

 

 そう思うと、10歳から21歳までの11年間を優に飛び越えて、16年目に突入するボロフェスタってすごいですよね。これまでの歩みは、確実に人々の心に爪痕を残していると思います。

 

音楽の話をしようと思っていたのに気がつけばボロフェスタの話になっていました笑。水上さんがどんな音楽を聴いて大人になったのかが知りたいです。この話は、ボロフェスタで京都に行った時、スタッフのみんなとも共有したい話題ですね。

 

9月になり、肌寒くなってきました。季節の変わり目ですので、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。

 

キャッチ宮尾

 

本祭に向けてまだまだ加速していくためにスタッフ募集中!

是非、リンクより応募を!

borofesta.jp

ナノボロを終えて タックル水上

拝啓、宮尾様

 

先日は、お手紙ありがとうございました。

先週がすごく昔のように感じられます。先週から大きく変わったことと言えば、ナノボロフェスタ2017が終了したことです。

f:id:borofesta2017m:20170829081823j:plain

 

 

今年のナノボロフェスタはlive&salon夜想という会場が追加され、過去最大規模での開催となりました。この夜想という会場が増えるという事は、僕らが考えている以上に大きな変化でした。ほんとにまるで違うイベントになったなと。

 

本当に個人的な目線でナノボロフェスタを振り返ります。

 

今回のナノボロフェスタで僕自身としての反省は多々あるのですが、実際は、初めて増えた夜想の会場にも、フロアいっぱいになるようなお客さんが来てくださり、盛り上がってくださっていたのはすごくうれしいことでした。

f:id:borofesta2017m:20170829082242j:plain

 

 

そして個人的に最もうれしかったことは、先日お手紙にも書かせていただいたアーティストたちが、すごくいいステージを披露してくれたことです。

 

26日に出演した空間現代でもたくさんの方にご覧いただだけたことは特にうれしくて、空間現代もいつもと変わらず、すごくいいステージで、見た人達が「かっこいいね。」といってくれたことは、京都にいるすごいバンドを知ってほしいと思っていた僕にとってもすごくうれしいことでした。

f:id:borofesta2017m:20170829090005j:plain

くぴぽやAH(鳴呼)も、周りがバンドばかりの中、いつも通りのライヴをしてくれて、普通のロックフェスじゃ絶対に見れないような空間を作り出してくれました。

f:id:borofesta2017m:20170829083810j:plain

 

くぴぽのメンバーの服部真希が実はnano凱旋ライヴだったり、それを語るまきちゃんのMCは、何かすごく気持ちが入っていた気がして少し熱くなりました。

 

そして、東京からやって来た、DEATHRO、Limited Express(has gone?)、VOGOS は、京都ではなかなか見ることの出来ない、Less than TV独特の雰囲気を運んでくれました。

 

特に、出演日前日の朝9:00にスタッフよりも早く会場入りし、次の日の演奏時間はおよそ13分という衝撃は、ナノボロの歴史に名を残す出来事でした!

 

 

f:id:borofesta2017m:20170829084851j:plain

 

f:id:borofesta2017m:20170829085011j:plain

 

f:id:borofesta2017m:20170829085118j:plain

 

こうして初めてナノボロフェスタに参加してくれたスタッフがとってくれた写真を見返していると、「ナノボロフェスタはこんな風に見えているんだ。」というのに触れれた気がしてうれしいですね。

f:id:borofesta2017m:20170829085515j:plain

 

f:id:borofesta2017m:20170829085621j:plain

 

f:id:borofesta2017m:20170829085703j:plain

 

 

そして、同時にいろいろなスタッフに支えられているんだなと実感しました。

終わってみて、いいイベントだったなと改めて思います。

 

話しは少しずれますが、僕がすごく印象的だったことがもう一つあったので書かせてください。

 

今年は夜想で映像を使った装飾なども取り入れていたのですが、夜想の撤収が終わり

、僕がモグラさんが挨拶に来るのを待っているときに、そのプロジェクターに夜想のスタッフさんが映像を流してくれました。その映像は京都の町をパレードのようにステージが走り、西部講堂前がお客さんであふれ返っている映像でした。音楽に触れ始めたばかりの僕に夜想のスタッフさんは「これ誰か知ってる?」と聞いてくれました。僕は素直に「知らないです。」と答えると、「若い子ってやっぱりもう知らんねんなー。ボ・ガンボスっていうねん。」と教えてくれました。その映像はボ・ガンボスの「HOT HOT GUMBO’92」の映像でした。その映像が目に焼き付いて、これを書いている今も引きずってます。人の密集具合以上に、渦巻いている熱量みたいなのをすごく感じて、「今、京都でこんな景色がみることできるんだろうか。」と思ってしまいます。

そういえば、話に聞くBOREDOMSの伝説的な景色も僕は見ることが出来ないんだなと。

でも、なければ作ればいいじゃないか、何とかそんな伝説的な景色を自分の目で見たいと改めて感じた出来事でした。

 

長くなりましたが、最近宮尾さんは何か印象的な出来事はありましたか?

 

それでは、夏の終わりが着々と近づいているのを感じる日々ですが、まだまだ暑い日は続くと思いますので、お体にはお気を付けください。

 

タックル水上

 

photo by 田村佳子

 

本祭に向けてまだまだ加速していくためにスタッフ募集してます。

是非、リンクより応募を!

borofesta.jp

キャッチ宮尾はナノボロフェスタのここがきになる!

 

拝啓、水上さま

 

先日は素敵なお手紙ありがとうございました。

ナノボロフェスタもついに今週末になりましたね。きっとボロフェスタまで一気に駆け抜けることになるんだろうなと思います。始まってほしいけど、終わりをほのかに感じてしまい、すでに少し寂しいくらいです。

 

水上さんの視点から語られた、ナノボロフェスタの出演者について。今回は私の目線からお話しますね。

 

私の注目しているアーティストは、前回記述した、「MONO NO AWARE」と「Helsinki Lambda Club」はもちろんなのですが、今回はさらに2組のバンドを推したいなと思います。

 

1つ目は「Balloon at dawn」です。

f:id:borofesta2017m:20170822170240p:plain

2013年に結成され、EP『Teen』の収録曲「Ten」がSpincoasterキュレーターが選ぶBest of track 2014 1位に選出され注目を集め、RO69JACK2014入賞、MINAMI WHEEL2014出演。EP 『Inside a dream』の収録曲「七月」はSpotify JAPAN公式プレイリストに選出されました。2016年にリリースされた、Single 『Our blue』やEP 『Our finder』は当時からいままで相も変わらず私の胸をときめかせ続けてくれています。

 

水上さんは「透明感」を感じられる女性は好きですか?「透明感」とは、新垣結衣さんや、長澤まさみさんの化粧品CMで感じられるアレです。透けるような、軽やかな質感。あの「透明感」はすっぴんに近ければ生まれるものではないんです。これは女性特有の感覚かもしれないのですが、あの「透明感」を感じさせるお化粧は、自分の肌質や顔の作りを研究し、丁寧に作り上げるからこそ生まれるのです。そのヴェールのような軽やかさを彼らの音楽からは感じました。シンセやドラム、ギター、そしてヴォーカルの歌声。すべてが洗礼され、薄く綺麗に重ねられていて、その透明感に多くの人が虜になり、吸い込まれていってしまうのです。

 

2つ目は「メシアと人人」です。

f:id:borofesta2017m:20170822175519j:plain

 

京都発男女2人組ドリームノイズポップ・バンドの彼らの音楽には、去年のボロフェスタからじわじわとはまっていきました。こういったはまりかたが1番どっぷり浸かってしまうコースなんですよね(笑)。爆音で鳴らさせるギターとドラムの音、先ほど挙げたBalloon at dawnとはまた違ったタイプですよね。普通目が醒めてしまうような音なのにむしろ脳を麻痺させるようなパンチ力のある音楽が夢感覚にさせるところが特徴的ですよね。去年の出演者ですし、同じ京都出身の水上さんはご存知かもしれません。

 

そんな中で、1番好きな楽曲は 初の全国流通盤「最悪の悪あがき」に収録されている「お金」です。キャッチーな言葉選びが絶妙で、〈ぼくらを作ったかみさまは、ちょっとトイレに行ってきますと、一生戻ってこなかった〉という歌詞の部分で衝撃的センチメンタルに侵されてしまったわけなんです。今この文章を書きながら、先日テレビで見た「うちの母ちゃんは、豆腐買いに行ってくるっていってもう2日帰ってきません」と笑いながら話す子供を思い出しました。あの、入りの絵が和やかだった分、パンチが強すぎて、事あるごとにあのシーンを思い出してしまうことと思います。常々思うのが、ギャップというものは印象に残りやすいな、ということですね。彼らは今年はどんな景色を魅せてくれるか楽しみです。

 

こんな感じで2つのバンドを挙げさせてもらいました。

来週の今頃はナノボロの熱冷めやらぬ状態かもしれませんね。そんな水上さんからのお手紙がすでに楽しみです。

 

キャッチ宮尾

 

その他アーティストも見逃せない人たちばかり!!一瞬でも行きたいと思った人はすぐさまチケット予約を!!

borofesta.jp

 

そして、私たちと一緒にスタッフしてくれるメンバーも大募集中!!

borofesta.jp

 

 

 

ナノボロフェスタのここをみて!

拝啓宮尾さま

 

Helsinki Lambda Club もMONO NO AWAREも関西までその良さはしっかりと届いていますよ。僕も初めてHelsinki Lambda Club のライヴを拝見したとき、何か心に響くものが確かにありました。

 

そして、気付けばもう8月も三週目に入りいよいよナノボロフェスタが近づいてきていますね。

今年のラインナップは今勢いのあるアーティストがたくさん集まってくれたと僕は思っています。

 

それこそ、宮尾さんがお勧めしてくれたHelsinnki Lambda ClubもMONO NO AWAREもナノボロフェスタに出演していただきます。

そんな中、僕が改めて注目してほしいのは、普段おそらくインディー・パンクやギター・ロックをよく聞く人にはあまり馴染みのないであろう3アーティストです。

 

まず1組目は「空間現代」です。

 

f:id:borofesta2017m:20170811160033j:plain

 音の反復やエラーを駆使してプログレッシヴな音楽を奏でるスリーピースバンドです。

youtu.be

 アヴァンギャルドな音楽ではありますが、その音の深みは、いつも教科書で見ていた有名な絵画を実際目の当たりにして、その前で立ち尽くしてしまう感覚に似ていて、僕自身も理解できているかどうかはわかりませんが、とてつもなく引き込まれる深い海のようです。

そして、この空間現代はもともと東京で活動していたのですが、昨年京都に移住してきて、銀閣寺や平安神宮に囲まれた場所に「外」というライヴ・ハウスを作り、そのライヴ・ハウスの運営も行っています。またその外というライヴ・ハウスも行くたび新しい音楽に出会えるんです。BO NINGENのTaigen Kawabeさんと食品まつりa.k.a foodmanさんのKISEKIというユニットを見たときは、即興だからこそなせる奇跡のようなフレーズに感動しました。僕自身も、気づいたら何度も足を運んでしまうような場所です。なので、特に京都に住んでいる人には特に知っておいてほしいし、足を運んでほしい場所なのです。

 

そして残り2アーティストは「AH(鳴呼)」と「くぴぽ」です。

 この2組は言うなれば、レぺゼン関西地下アイドルです!!

僕は結構アイドルが好きでよくyoutubeで動画などを見るのですが、地下アイドルを見ていても気付けば関東などのアイドルばかりで、関西の地下アイドルってどんな感じなんだろうと探していた時にばったり出会ったのがAH(鳴呼)でした。

f:id:borofesta2017m:20170813151412j:plain

youtu.be

 

曲作りも、振り付けも含め運営すべてを自分たちでこなす彼女達ですが、それが凄いだけでなく彼女達が作るライブも、凄くPOPな曲達に前のめりなパフォーマンスで、見ていて凄く気持ちがいいです!そしてもうひとつ特出すべき点は、彼女達は滋賀の旅館の若女将と、介護施設の管理職という職業についているということです。なぜ、そんな彼女達がわざわざアイドルをするのか、、不思議に思われるかもしれませんが、それはライヴを見ればわかって頂けるかと思います!

 

そして関西地下アイドルからもう一組「くぴぽ」です。

 

f:id:borofesta2017m:20170814225548p:plain

くぴぽはとりあえず、むちゃくちゃなアイドルです。真ん中にいる、まきちゃんこと服部真希が体を張ります!ライヴ中にまきちゃんにボールを投げつけたりもします!ですが、僕がこのアイドルいいなと思ったところは隣にいる、なーさんやつじこがそんなまきちゃんを凄く支えていて、ライヴ中も凄くイキイキしているところです。

 

youtu.be

この2組に出会い、関西にも面白い人たちがいるんだなと気づかされました。東京に比べて注目度は劣るかもしれませんが敢えてこう言いたいです。「関西地下アイドルは伊達じゃない!」と。

 

そんな感じで、改めてナノボロフェスタで見て欲しいアーティスト3組でした。

是非、当日楽しみにしていて下さい。好きなアーティストを見に来て、初めて出会った音楽に感動してほしいと思います。

 

ところで、宮尾さんから見て今年のナノボロフェスタの楽しみなところやアーティストはいますか?

 

それでは、 お盆休みも過ぎようとしており、夏も折り返し地点かと思いますが、お互いよい夏を過ごしましょう。

 

それでは、お返事お待ちしております。

 

タックル水上

 

その他アーティストも見逃せない人たちばかり!!一瞬でも行きたいと思った人はすぐさまチケット予約を!!

borofesta.jp

 

そして、僕たちと一緒にスタッフしてくれるメンバーも大募集中!!

borofesta.jp

キャッチ宮尾から見た東京の音楽

 

背景、水上さん

お返事ありがとうございます。

 

相手の好きな音楽をきくのはやっぱり楽しいですね。言葉でうまく共有できなくとも、音にのせて耳に入ると心を一部通じ合わせることができる感覚はたまりません。

 

まず東京には数え切れないほどのライブハウスがあって、毎日たくさんのアーティストが様々なジャンルの音楽を披露しています。やはりそうなると、東京の音楽という大きな括りになると追いきれない部分はあります。だからこそ、自分の直感、足の向く先を信じながらアンテナを張っている状態です。

 

そんな中で、私が出会えてよかった、と思える音楽をお話しさせていただきますね。水上さんの心をくすぐるものであったら嬉しいです。

 

今回私がご紹介したいのは「Helsinki Lambda Club」と「MONO NO AWARE」です。

 

f:id:borofesta2017m:20170808140409j:plain

 

Helsinki Lambda Clubは、2014年上旬から数々のオーディションに入賞し、UK.PROJECT主催のオーディションにて、なんと応募者総数約1000組のなかから最優秀アーティストに選出されたバンドです。そこからメンバーの脱退や加入など右葉曲折ありつつもも、ついに今年の6月、UK.PROJECT内に新レーベルHamsterdam Recordsを設立し、第一弾としてこれまた人気急上昇中のtetoとスプリットCDをリリースしました。

 


Helsinki Lambda Club − This is a pen. (official video)

 

彼らの音楽は、橋本さん(Vo.)が作る日常成分でできた音楽だからこそ、耳馴染みの良さやどこか安心感を感じるのだと思います。様々な音楽ジャンルの要素を取り入れつつも、ポピュラリティを持ち、広く敬服される様は、スピッツや、くるりがいつまでも胸をときめかせ続けてくれるような感覚に近く、私の好きな音楽はこんな音楽なんだと、確信に導いてくれたのは彼らの音楽でした。彼らの圧倒的センスは年々パワーアップするばかりです。だからこそ今、見逃せないバンドだなと思っています。

 

次に紹介するのは、MONO NO AWAREです。

FUJI ROCK FESTIVAL’16 ’17に連続出演しており、今年の3月には、全国流通盤1st フルアルバム「人生、山おり谷おり」をリリースした、一大旋風を巻き起こしているバンドのうちの1つですね。

 

f:id:borofesta2017m:20170808163923j:plain

 

掴みどころがない水のような流動性を持ち合わせているのにキャッチー、だなんて矛盾もいいところですが、それは彼らの曲を聴いてもらえれば伝わる感覚だと思います。彼らの奏でる音楽の層の美しさにうっとりさせられてしまうこと間違いなしです。

 


MONO NO AWARE - イワンコッチャナイ(OFFICIAL VIDEO)

 

そういえば、【8月のボロフェスタ】ナノボロフェスタ2017の出演者が発表されていますね。着実に近づいてくるこの日を水上さんはどう捉えていますか?楽しみにしているアーティストなどいらっしゃったら教えていただきたいです!

 

それでは、まだまだ暑さが続き、夏の疲れが出やすい頃です。健康にはくれぐれもご留意ください。

 

キャッチ宮尾

 

borofesta.jp

引き続きスタッフも大大募集中!!

borofesta.jp